バングラデシュの【ブシ】たぶんホワイトチアシード!?

チアシード

こんにちは、Ajeeのおざわです。

最近、まいにち食べているもの。

バングラデシュで買った【ブシ】と呼ばれるもの。

実は何かわからず、バングラデシュのホームスティ先の
お母さんが、便秘にいいよ・・みたいな感じで、ほれほれと
夜すすめられたのが、このブシ。

コップ一杯の水にスプーン1杯分くらい入れて、
ブツブツで味が無くて飲みにくいけど、一気飲み。

なんだか、とても気に入ってしまって大量買い。

日本に帰っていろいろ調べると、たぶん、どうも
【ホワイトチアシード】なるものではないかとわかりました。

チアシードのイメージはあったのですが、これはほんとに
すぐれものです。

ヨーグルトと混ぜて食べてます。

最近では、バングラデシュの農作物も農薬をやるようになり、
残念なことですが、きっとこれには農薬はないはずと
味を確かめながら、頂いてます。

ブシ、 一押しです!!

で、ポストカードみたいなのを作ってしまいました。
ホワイトチアシード

バングラデシュの女性の普段着 パンジャビが・・・。

バングラデシュ 女性

こんにちは! Ajeeのおざわです。

今年、バングラデシュに行ったとき、ホームスティ先の娘さんたちと
いろんなポーズで写真撮影。
バングラデシュでは、あまり娯楽もなく、家にいることが多いので
写真撮影がとっても楽しいらしい。
それにしても、目の大きさがうらやましい。(もちろん他にもありますが)

と、調子に乗ってわたしもポーズをとってますが、
じつは今回の訪問で小さなショックが(かなり大きいかも)

それは、2年前に作ったバングラデシュの普段着(民族衣装ともいえます)
バンジャビが小さすぎて着るのがキツイ。

そこで、ホームスティ先のお母さんが、これは大変!!と
私を連れていつもの仕立て屋さんに。

バングラデシュ ミシン

たしかに2年前より太ってしまったのですが、
実際サイズを図られると、恥ずかしくて顔が赤くなりそう。

結果、2年前の服を2cm大きくして(布をつぎたして)着ることに。

そして、今回。なんと、3着をプレゼントされました。(新着)
もちろん、2cm大きくなったサイズでゆったりな感じで。



こうして、2cm大きくなってまた着られるようになったバンジャビ。

今度来る時までに痩せてやる!! と、そのときは誓うのですが
なにせ、バングラデシュでは、たくさん食べるべし!!と
おかわりにつぐおかわりと高カロリーのお食事をおいしく頂いたため、

たぶん、あのときより今が太っていそうです。

と、いうことで、明日からダイエット。
などと思っております。



 

一生もののファブリック

ソファーカバー

こんにちは、Ajeeのおざわです。

実は十年ぶりくらいにソファを買いました。

前のソファは猫たちによって侵略されて
人間が座れない状態に・・。

どうしても、くつろぐところが欲しくなり
思い切って買ったのですが・・・

買ったその日に、ちょっと目を離したすきに
猫たちが爪とぎがわりに。

で、ベッドカバーにしていたバングラデシュの総刺繍の
大きなファブリックをかぶせて、やっと一安心。

このファブリックはバングラデシュ伝統のノクシカタ
とは違った雰囲気で、ステッチも違う手法を用いています。
バングラデシュでは親から子へと渡し伝えるほど
一生ものの一枚とされています。

ベッドカバーやソファーカバーになるような
刺繍のファブリックを探して、バングラデシュから
送ってもらった一枚。

見たときは、なんとなくこたつカバーに見えてしまい、
そのまま商品として考えるのをストップしていました。

でも、暮らしの中でなんとこのカバーが役立つこと。

こたつカバーに見えたのに、使っていくと
その良さがじわじわと伝わり、
今では手放せない、 きっとこの先、ずっと
つかっていくだろう一枚になりました。

黒猫

この一枚は猫たちからも死守しようと決めております。

バングラデシュの野菜。ラウ。

バングラデシュ ラウ


バングラデシュで良く食べてらているラウ(夕顔の一種らしい)
福井市に暮らしているバングラデシュの人たちから譲って頂きました。

ひょうたんみたいに見えますよね。

カレーや炒め物などに使う、とってもポピュラーな野菜です。

お味は冬瓜をもう少しだけ濃厚にした感じと、
若いものは、やわらか〜な触感。

私は、野菜スープに入れて頂きました。

とても胃やカラダにやさしいお味です。


 

今日はバングラデシュの新年です。

バングラデシュ 新年

 こんにちは! Ajeeのおざわです。

 今日はバングラデシュの新年です!
「ポヘラ・ボイシャック」 
Shuvo Nobo Borsho 

バングラデシュの暦では1422年らしいです。

バングラデシュからは新年のメッセージが届きました。

今日はバングラデシュではお祭り騒ぎで
賑わっていることでしょう。

お祭りの写真がどこかにあるのですが、わからず
村のしずかな写真をのせちゃいましたが・・。

今日から新しい気持ちで1年をスタートした
バングラデシュの人たち。

わたしもついでに便乗し、新たな気分で参ります~!!



 

 

バングラデシュとの時差。

アクセントラグ


こんにちは! Ajeeのおざわです。

とつぜんですが、バングラデシュとの時差は3時間。

バングラデシュ人の食事時間も日本とだいぶ違っていて

ランチは2時ごろ。 夕食は午後10時ごろ。

というわけかどうかはわかりませんが、

たまに、バングラデシュ時間で連絡が入るので
夜更かしすることもあります。

今夜は「この色やデザインで間近いないでしょうか?」という

写真つきのメールでした。

アクセント ラグ

合っているようですが、気のせいかサイズが大きいような・・・。

本日は思考能力がなくなってきたので、また明日です。

それでも、こうして経過を教えてもらえて大助かりです。
電気もなかなかの村からこうして、写真が送られてくる。

文明ってすごいです。
 

木のお皿。リムプレートを使ってみて。

木の皿

こんにちは、Ajeeのおざわです。

いつもはご飯や玄米食と和食を中心に頂いてますが
ときどきはパンも頂きます。
作ってまで・・とはいかないのですが。

わりと近くに人気のパン屋さんがあってうれしいです!

今までは陶器の白いお皿に入れていましたが
もっとしっくりくるものをと思い、木のお皿を探しました。

木といってもいろいろあるのですが、
オーク材(樫の木)のしっかりしたものを選びました。

しゃんとした感じと木のぬくもりがあって、いい感じです。

リムプレート(リムのあるお皿)としてカタチもシンプルできれい。

食パンがちょうど乗るような使い勝手の良いサイズです。

       ↓        

http://fairtradeajee.com/?pid=88307075

一枚あるとうれしいです。







 

バングラデシュ人の大好きな野菜

夕顔

バングラデシュの村々の屋根の上とかに
大きな葉をつけてのびているのはラウ。(夕顔)

上の写真のはちよっと大きくなり過ぎですが。

下のはもう少しあおい感じです。
バングラデシュ 野菜
これをカレーに入れて食べるのです。
冬瓜をもう少し味を濃くした感じとでもいいましょうか。

おいしいのはこの葉っぱ。(ラウシャーク)

炒め物などにしたら もう美味でございますっ。

バングラデシュのお料理にはいろいろと勉強させて
いただくところが大きいです。

あ、これ葉っぱも食べられるんだ・・とか。

農薬もない自然のものの味のおいしさや
その土地の栄養を含んだ豊かなお味とか。

こうしてバングラデシュの食べ物を思うと
幸せな気持ちになります。



 

バングラデシュのお料理と風習

イリッシュ料理
今日はひさびさ、バングラデシュのお料理をご紹介です。
辛いのが苦手な人以外は、けっこう日本人の口にあう
お味だと思います。

バングラデシュのお料理は魚のお料理が多く、いろんなバリエーションが。

特にバングラデシュの国魚、イリッシュは ふんわりした身で
ぜいたくなお味。

イリッシュのマスタード掛けは絶品なのです。

と、ここでバングラデシュの昔ながらの
ちよっとした風習を。

自宅に人を招くときに

日本流に言うなら 
「ご飯とみそ汁くらいですが、うちでご飯でもどうぞ・・」

でも行ってみると、すっごいごちそう!!!
バングラデシュ料理
これを

「ダルバット」と言うそうです〜。

 ダルは日本で言う味噌汁みたいなもの。
(豆にターメリックとかで味付けしたスープ)

バットは ごはん。


日本の謙虚さとよく似た文化や
心情を持つ、親しみ深い国なのです。



 

あおいトマト バングラデシュの風景より

バングラデシュ料理


バングラデシュの小さな村にいったときに
たくさんの小さなあおいトマトを見かけました。

バングラデシュのお料理には
こんなあおいトマトもたくさん使います。

すっぱいお味がお料理を引き立てます。

 

Ajeeショップオーナー

ショップへのご案内

メールマガジンの登録

カテゴリ

facebookもチェック

最近の記事

ブログ内を検索する

アーカイブ

モバイルで見る

qrcode